自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-02-08

Top / ブログ / 2013-02-08

続・共生

かやネズミです。
オオサンショウウオの幼生調査を2月4日(月)正午から精鋭10名が2組に別れて実施。
17時までに幼生39匹(写真)を捕獲し計測後再放流しました。

画像の説明

そしてオオサンショウウオと共生している多くの水中生物も捕獲。前回では見られなかった新顔や絶滅危惧種も複数含まれ、改めてこの流域の素晴らしい自然環境が証明された。

『これほど多様な水中生物が生息している河川は貴重。この環境を守らなければならない。』桑原一司先生

朝から雨という悪天候にも関わらず参加いただいた皆様には大変ご苦労さんでした。・・・

調査が始まる頃には雨も上がりました。
画像の説明
網で救う捕獲班と選別・記録班で一組を構成。

画像の説明
珍しいヘビトンボの幼虫。

画像の説明
めっきり少なくなったクロゲンゴロウ(右)

画像の説明
カワトンボのヤゴ

画像の説明
ミズカマキリ

画像の説明
絶滅危惧種のオンパレード。

画像の説明
オオサンショウウオの幼生(赤ちゃん)です。

画像の説明

当日、以下の水中生物が観察されました。
◎第5区間
 タカハヤ、カワムツ、ドンコ、オタマジャクシ(ツチガエル)、コオイムシ、アカザ、カワヨシノボリ、クロゲンゴロウ、ミルンヤンマヤゴ、イモリ、
コヤマトンボヤゴ、ミズカマキリ、カワトンボヤゴ

◎第6区間
 カワムツ、ドンコ、ツチガエル、コヤマトンボヤゴ、オニヤンマヤゴ、
 ヘビトンボヤゴ、ブユ幼虫



コメント


認証コード(0107)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional