自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-04-07

Top / ブログ / 2013-04-07

山紫水白

画像の説明

ヌシです
天気が良いのにデスクワークです。会報編集中(涙)。忠海の話が出ましたので、友人のN.Mさんの写真を借りて黒滝山からの夕景を皆さんに。“ふるさと自慢”で申し訳ない。データによれば12月の撮影。

山紫水白については「61 頼山陽、平田玉蘊床浦に遊ぶ」より
http://www2.tiara.cc/~wakimoto/main/tadanoumi/eid63.html

瀬戸の花見

画像の説明

かやネズミです。
昨日からの強い風雨で桜も散り始めました。この週末に花見を予定されてた方にはお気の毒であります。かやネズミは一昨日、好天の中、竹原市忠海の黒滝山と白滝山へ行ってきました。(写真)
満開の桜と瀬戸の海に言葉は要らないですね。

そういえばここは我らヌシさんの故郷でもあります。



コメント

  • 絶好の花見日和で、良かったですね。山つつじも咲いていたでしょう?
    実家の屋根も写っています・・・・なんちゃって、冗談です。山の中腹を農免道路が通り抜けていて、駐車場もあります。しっかり整備されていますので頂上まで30分かかりますか。絶景の連続です。登ってみないと味わえません。忠海(ただのうみ)をより深く知りたい方は →http://www2.tiara.cc/~wakimoto/main/tadanoumi/eid140.html
    懐メロの一つや二つ出てきそうですが、今回はなし。大三島の盛(さかり)港、大久野島を巡るフェリーが入港しています。平安時代の平忠盛(たいらのただもり)の名を1字ずつ頂戴したといわれています。余談ですが、このアングルの写真が広大博物館内のパネルに展示されているのをご存じ?偶然です。 -- ヌシです 2013-04-07 (日) 11:22:15
  • 今回は年長者同行でしたので中腹の休憩小屋で弁当を広げただけです。20数年前に家族で忠海港から登頂。磨崖仏、鎖場、ミニ鳥居、観音堂そして四国の石槌山眺望など見所が多い思い出の「くろたきさん」です。広大のパネルは存じませんでした。ヤマツツジは六分咲きでした。 -- かやネズミです 2013-04-07 (日) 12:01:13
  • さすが「瀬戸の夕景」ですね。この夕焼けを眺めながら、頼山陽と平田玉蘊もさぞや燃えたことでしょうね。ヌシさんは会報編集に燃えている? 皆のために。(^O^) -- かやネズミです 2013-04-07 (日) 16:26:15

認証コード(8072)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional