自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-04-20

Top / ブログ / 2013-04-20

校正会議

ヌシです。
 4月19日、広大博物館事務室の一角をお借りして新会報44号の編集。3時間半ほど、会員のUさん,Fさん,Sさん、Aさんと私の5名が原稿の校正をしました。特集(Ⅰ)里山のたからもの オオサンショウウオ、特集(Ⅱ)龍王山のトンボが組み込まれていて、73ページもあります。その始めから終りまで、しっかり意見交換ができました。編集委員である皆さんは「立派な会報の発行を」と思っておられ、忌憚のない発言をされます。「やはり、こういう作業は大人数が良い」とヌシはひそかに思ったものでした。

 皆さんお疲れさまです。全員アラ還なので「アラ還トリオ」から「アラ還カルテット」へ、さらに「アラ還ブラザーズ?」と思ったら、Uさんの意見は「アラ還ファイブ」で、デビュー曲「椋梨川ブルース」。歌い出しは「あずる男の切ない~♪♪♪」。当会のアラ還さんたちは元気!です。会報が発行されましたらここに書き込みます。「オオサンショウウオの特集記事が凄い。表紙も良いね、感動するわ~」と、きっと思われるでしょう。
乞うご期待。


コメント

  • まさにこの前は広大博物館事務室が「ヌシの部屋」。おかげで会報の校正会議が無事終了じぁー。これでヌシさんにはゆっくり温泉にでも行ってもらおうかのー。お伴つかまら~ん。(アラ還ファイブ) -- かやネズミでがんす。 2013-04-20 (土) 21:32:38
  • 会報の編集作業に際して,『オオサンショウウオの生息地を守る会』代表のTさんの特別寄稿と,『岩石の会』主宰者Kさんの紀行文の手書き原稿のワープロ入力を担当しました。いずれも名文達筆の原稿で,ワープロ文字に変換するのが惜しいくらいです。文面には情熱がほとばしり,原稿執筆中のお二人のお姿を想像しますと,感動するものがありました。 -- ミーアキャットです。 2013-04-21 (日) 10:10:10

認証コード(7828)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional