自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-07-26

Top / ブログ / 2013-07-26

意見交換会開催

画像の説明
写真1 広島県東広島市豊栄町椋梨川上流 2013年7月25日

事務局です。
 一昨日の当ブログ記事(ヌシさん)の通り「地域課題研究懸賞論文の意見交換会」が昨日(7月25日)、東広島市庁舎4階会議室で参加者20名において開催されました。
 当研究会から土岡会長以下3名、広島大学関係4名、地元豊栄町から2名、「日本オオサンショウウオの会」桑原会長の計10名が市民側として参列。行政側(東広島市)は企画課、教育委員会、環境課、河川課から計10名の参加があり総勢20名が一同に会しました。
 会議のあと参加者全員で現地視察。(写真1)

 こうした意見交換会は市としても初めての試みだそうです。(写真2)
画像の説明
写真2 東広島市庁舎403号室

内容 
平成24年度地域課題研究懸賞論文最優秀賞
「東広島市豊栄町に生息する特別天然記念物オオサンショウウオの保全に向けた実践的研究」に係る意見交換会 等

 論文制作者の山崎氏プレゼンのあと、桑原先生、土岡会長が経緯と問題点などを発表。行政(市)側は熱心に聞き入っていました。(写真3)
画像の説明
写真3 左が市民側、右が行政(市)側

 車に分乗して現地(豊栄町)へ移動してオオサンショウウオ生殖地を視察。オオサンショウウオの遡上を阻害している堰。(写真4)
画像の説明
写真4

 本日の会議でも取り上げられた問題の最上流部の池にて現地解散。(写真5)
画像の説明
写真5

 当研究会の初代会長の言葉が思い起こされる一日でした。

「地球の自然を守るのはあなたです」
われわれの一人ひとりが自然研究を続けている限り、自然に対する関心の輪は次第に広まり、それは、何時の日にか世界中の人にまで広まると思います。ですから、地球の自然を守るのはわが会員あなたです。 初代会長 新川英明



コメント

  • オオサンショウウオのことが各方面に知られていくのは大変嬉しいことです。なぜなら、今の私達は彼らの消滅の最前線に居る、立っているようです。2年間の調査でその思いはひしひしと感じます。ですので、多くの人にこの実態を共有していただき、ともに保全の道を進みたいと考えます。このたびの行政内部の方々とのと意見交換会は、私たちの活動の中で大きな意味を持つものになります。参加された皆さん、ありがとうございました。 -- ヌシです 2013-07-26 (金) 09:08:14
  • 市と市民との意見交換会、出席されたみなさんご苦労様でした。ただ、会員の皆さんに、会員がどれだけ重要な役目を果たしているかを知ってもらうために、拙速かもしれませんが、意見交換会のあと、市側がどのような援助を考えているか(どのような発言をされたか)は知りたいものです。たとえば、計画されている来年度の全国大会に向けて、市として少なくともこれだけのことは考えています、といった発言はなかったのでしょうか。さらには、最終的な調査報告書の作成に向けた将来構想の一端でも、会員に報告したいものです。調査に積極的参加ができない体調で、申し訳なく思いながらも、情報をいただくことで多少でも役にたつことを模索しています。大変でしょうが、今後の調査結果が自然研究会の存在価値を高揚させ、自然環境保全に大きな役目を果たすことは確かですから、十分に気を付けて頑張ってください。 -- O顧問 2013-07-26 (金) 15:58:43
  • O顧問、ヌシさんより貴重なコメントを頂き恐縮です。今回、行政(市)側がオオサンショウウオに共通認識を持ち協力的なことが確認できました。桑原先生が現地解散の時、「誰が悪いんではない、みんな無知なだけなんです。こうして自然環境保全の大切さを知ることが重要です。」に、皆うなだれて聞き入りました。
    来年のオオサンショウウオ全国大会(東広島)も市のバックアップをいただけるものとの感触はありますが、気を引き締めて頑張っていく所存であります。今後共変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします。 -- 事務局 2013-07-26 (金) 19:14:50

認証コード(0241)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional