自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-10-06

Top / ブログ / 2013-10-06

広島空港大橋

写真1 広島空港大橋全景(上流側から望む。2013.9.25).jpg
写真1 広島空港大橋全景(沼田川上流側から望む。2013.9.25)
              

ミーアキャットです。
 広島中央フライトロードは,山陽自動車河内インター(広島県東広島市河内町)および広島空港(広島県三原市本郷町)と,中国横断自動車尾道松江線(広島県世羅郡世羅町)を結ぶ延長30kmの地域高規格道路です。広島空港の北東部で沼田川(ぬたがわ)を横断します。沼田川は東広島市の北部に源を発し,三原市から瀬戸内海に注ぐ二級河川です。この沼田川を跨ぐ橋梁『広島空港大橋』は,『鋼上路式ブレースドリブ固定アーチ橋』と言われる形式で,橋長800m,アーチ支間長380mの日本一のアーチ橋です(2011年現在)。上部工の施工が始まった2004年当時では,アーチ支間長380mは世界ランキングで14位でした。(写真1~2)

写真2 広島空港大橋全景(下流側から望む。2013.9.25).jpg
写真2 広島空港大橋全景(沼田川下流側から望む。2013.9.25)

 その大きさを上部工施工当時のパンフレットより引用しますと,図1のとおりです。沼田川沿いを走る県道からの高さは約190mあります。マツダスタジアムや基町クレドビルがすっぽり収まるという巨大なものです。一番高い橋脚は高さ95.6mです。

図1 空港大橋の概要(パンフレットより引用).jpg
図1 空港大橋の規模(上部工施工時のパンフレットより引用)

 アーチを支えるアーチアバット(橋台)の規模は,最も大きいところで,約50m×50m×35m(厚さ)というビルディングのような大きさで,その下には直径8mの深礎杭(しんそぐい)が岩盤を穿って施工されています。
 地質調査および実施設計は1994(平成6)年より数年間に亘って行われ,下部工の施工は1998(平成10)年頃より始まり,上部工の施工は2004(平成16)~2008(平成20)年に実施されました。
 開通は2011(平成23)年4月20日です。その鳥瞰写真を当時のテレビニュースより引用しました(写真3~4)。

写真3 広島空港大橋開通(2011-H23.4.20).jpg
写真3 広島空港大橋開通(2011.4.20)

写真4 広島空港大橋開通(2011-H23.4.20).jpg
写真4 広島空港大橋開通(2011.4.20)

 以下には部分的に拡大写真を示します。参考のために,一部2009年の施工中の写真も載せています。

写真5 アーチの中央部を見上げた(2013.9.25).jpg
写真5 アーチの中央部(2013.9.25)

写真6 左岸側アーチアバット(下流側から望む。2013.9.25).jpg
写真6 左岸側アーチアバット(下流側から望む。2013.9.25)

写真7 左岸側アーチアバット(上流側から望む。2013.9.25).jpg
写真7 左岸側アーチアバット(上流側から望む。2013.9.25)

写真8 左岸側のJR山陽本線を跨ぐ跨線橋(2013.9.25).jpg
写真8 左岸側のJR山陽本線を跨ぐループ状の跨線橋(2013.9.25)

写真9 左岸側のJR山陽本線の列車通過中 (2013.9.25).jpg
写真9 左岸側のJR山陽本線の列車通過中(2013.9.25)

 左岸側のアーチアバットの側には,”インクライン”と呼ばれる,資機材運搬用の巨大なエスカレータのような設備があります(写真10~12)。

写真10 左岸側のインクライン(2009.7.19).jpg
写真10 左岸側のインクライン(2009.7.19)

写真11 左岸側のインクライン(2013.9.25).jpg
写真11 左岸側のインクライン(2013.9.25)

写真12 左岸側のインクライン(2013.9.25).jpg
写真12 左岸側のインクライン(2013.9.25)

 以下は右岸側の写真です。
写真13 右岸側施工中(2009.7.19).jpg
写真13 右岸側施工中(2009.7.19)

写真14 右岸側施工中(2009.7.19).jpg
写真14 右岸側施工中(2009.7.19)

写真15 右岸側インクライン(2009.7.19).jpg
写真15 右岸側のインクライン(2009.7.19)

写真16 右岸側アーチアバット(2009.7.19).jpg
写真16 右岸側アーチアバット(2009.7.19)

写真17 右岸側仮設桟橋(2009.7.19).jpg
写真17 右岸側仮設桟橋(2009.7.19)

写真18 右岸側アーチアバット(2013.9.25).jpg
写真18 右岸側アーチアバット(2013.9.25)

写真19 右岸側アーチアバット(2013.9.25).jpg
写真19 右岸側アーチアバット(2013.9.25)

写真20 右岸側アーチアバット(2013.9.25).jpg
写真20 右岸側アーチアバット(2013.9.25)

 2013.9.25現在でも,両アーチアバット付近の仮設桟橋等撤去工事が行われており,工事標識によりますと今年度いっぱいかかるようです。計画から工事完了まで20年以上を要する大工事です。

写真21 右岸側アーチ橋台の仮設桟橋撤去工事(2013.9.25).jpg
写真21 右岸側仮設桟橋の撤去工事

写真22 右岸側仮設桟橋の撤去工事.jpg
写真22 右岸側仮設桟橋の撤去工事(鋼管杭の岩盤中は残置)

写真23 右岸側の鋼管杭の切断(直径60㎝).jpg
写真23 右岸側の鋼管杭(直径60㎝)の切断

写真24 右岸側の残置された鋼管杭.jpg
写真24 岩盤部分の残置された鋼管杭



コメント


認証コード(3294)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional