自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-12-23

Top / ブログ / 2013-12-23

鬼岩

写真1 鬼岩.jpg
写真1 鬼岩

ミーアキャットです。
 当HPのみんなの広場山陰海岸の旅』でも紹介されています『鬼岩』です。島根県大田市大屋町鬼村にあり,新第三紀中新世久利層の粗粒凝灰岩~火山礫凝灰岩からなる高さ20mくらいの奇岩です。

写真2 説明看板.jpg
写真2 説明看板

写真3.jpg
写真3 鬼岩

写真4 鬼岩.jpg
写真4 同上

 表面の窪みは,塩類を溶かし込んだ水が岩石中に染み込み,その水分が蒸発する際,結晶が晶出するときの応力で岩石が分解してできる風化作用によるもので,『タフォニ』という風化微地形だそうです(写真5~6)。

写真5.jpg
写真5 小さい窪みもいっぱい

写真6.jpg
写真6 同上

 確かに,岩石の表面から,苔状の塩類が吹き出していました(写真7~8)。

写真7.jpg
写真7 苔状のものが吹き出している

写真8 表面に苔状のものが吹き出している.jpg
写真8 同上

 伝説によりますと,この石は,近くに住んでいた鬼がつかんで積み上げたもので,崖の表面にある大きな窪みは鬼の指先の痕であると伝えられているそうです。私には右手でつかんだように思えました(^_^)。



コメント


認証コード(9586)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional