自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-02-24

Top / ブログ / 2014-02-24

カモがいっぱい!

2.jpg
写真1 広島県東広島市八本松町七ツ池(2014.2.23)

かやネズミです。
 春の陽気に誘われてカメラ片手に散歩に出ました。近くの溜め池「七ツ池」には多くの水鳥が水面に浮かんでいます。持参した双眼鏡もカメラも性能がイマイチですがポケット図鑑を開いては名前を確認しながら「一人観察会?」を楽しみました。

 七ツ池は呉市広町へ流れる黒瀬川の最上流部に位置し、周辺は里山に囲まれた閑静な住宅地域で住民の憩いの池でもあります。生活用水が流れ込み汚染がひどい時期もありましたが、近年公共下水道が整備されてきたこともあり水質も浄化が進んでおります。その影響からか飛来する渡り鳥もその数と種類が増えつつあるようです。

1.jpg
写真2 ヒドリガモ (ガンカモ科) 冬鳥

3.jpg
写真3 ハシビロガモ (ガンカモ科) 冬鳥

4.jpg
写真4 ハシビロガモ (ガンカモ科) 冬鳥

 観察しているとヒドリガモとハシビロガモは水中に潜るのを一回も見ません。数羽で水面をグルグル回りながら食べ物を探しているようです。そうした中に水中に潜って10秒前後したら離れたところに浮かぶカモがありました。白と黒のツートンカラーが美しい「キンクロハジロ」です。(写真5)

5.jpg
写真5 キンクロハジロのつがい (ガンカモ科) 冬鳥

 その他に「マガモ」を見かけました。結果、七ツ池には現在4種類のカモがいることが確認できた「一人観察会」でした。

6.jpg
写真6 マガモ (ガンカモ科) 冬鳥



コメント


認証コード(8242)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional