自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-03-11

Top / ブログ / 2014-03-11

吉川興経

写真1 吉川興経の胴墓(広島市安佐北区上深川).jpg
写真1 吉川興経の胴墓(広島市安佐北区上深川)

ミーアキャットです。
 吉川興経(おきつね)は吉川家10代当主で,毛利元就(1497~1571)の妻(妙玖)の甥にあたります。

 吉川興経は尼子氏や大内氏への帰属をめぐって宿老らと争いになり,尼子氏の配下になった折には毛利元就と対立していたと言われます。このお家騒動に乗じて,毛利元就は吉川家の家臣らと謀り,興経をむりやり隠居させ,元就の次男元春を養嗣子に入れました。興経は吉川家の居城である小倉山城(現在の北広島町大朝新庄,写真2~3)を出て,毛利領内の布川(ふかわ,現在の広島市安佐北区上深川)に幽閉されます(天文16年,1547)。

写真2 小倉山城跡.jpg
写真2 小倉山城跡(北広島町大朝新庄)

写真3 小倉山城本丸跡.jpg
写真3 小倉山城本丸跡(同上)

 天文19年(1550),毛利元就の命により,家臣の熊谷氏と天野氏の手勢が上深川を急襲し,幽閉の身であった吉川興経とその子供千法師や乳母,家臣などを謀殺しました。吉川興経は首がなくなり,現在上深川には胴墓があります(写真1,4)。また,千法師や乳母の墓は,近くの山中にあります(写真5)。

写真4 吉川興経の胴墓(広島市安佐北区上深川).jpg
写真4 吉川興経の胴墓(広島市安佐北区上深川) 

写真5 千法師と乳母の墓.jpg
写真5 千法師と乳母の墓(同上)

 吉川興経は人に勝れる猛将であったと伝わりますが,その家臣の中でも豊島(手嶋)五人兄弟は勇猛果敢の武将であったそうです。毛利元就は急襲計画の際に,剛の者そろいの屋敷に討ち入れば容易に討ち取れないことから,興経と豊島(手嶋)兄弟を引き離しておくことを考え,兄弟それぞれに上深川から出るような用事を言いつけたということです。その後上深川に帰った豊島(手嶋)兄弟は主君興経の死を知って自害したと言われています。その五人が眠る墓も近くにあります(写真6~7)。

写真6 手嶋五人兄弟の墓.jpg
写真6 豊島(手嶋)五人兄弟の墓(広島市安佐北区上深川)

写真7 手嶋五人兄弟の墓.jpg
写真7 同上

 ところで,吉川興経の最後については二つの説があるようです。『狩留家郷土史研究会』の資料を要約引用するとつぎのとおりです。
                    ◇
 一つは急襲を知って飛び起きた興経は応戦しようするも,内通者によって弓の弦は切られ,刀の刃はつぶされ,槍薙刀は目釘を抜かれて使えず,応戦むなしく背後から弓で腰を射貫かれ,弱ったところで首を討ち取られ,首は毛利元就の住む吉田に送られたという説。
もうひとつは,急襲され腰を射貫かれて弱って行く興経は,そばにいた家臣から自害を勧められて果てますが,その首級は毛利側に渡さないように,興経の側室の松風が祖先の城である小倉山城(北広島町大朝新庄)に持ち帰ろうとしたという説です。
                    ◇
 後者の説による史跡が残っています。写真8は吉川興経が屋敷内のこの石の上で自害したと伝わる『腹切石』です。

写真8 腹切岩.jpg
写真8 吉川興経の腹切石(広島市安佐北区上深川) 

 吉川興経が自害後,側室の松風は主君の首級を携えて逃げる途中,北広島町大朝新庄までもう少しという中山(なかやま)の常仙寺の近くの山中で力尽きてしまいます。この常仙寺跡には,吉川興経の首級を埋葬したという墓があります(写真9~11)。

写真9 吉川興経の墓所説明.jpg
写真9 吉川興経の墓所の説明(北広島町中山)

写真10 吉川興経の首級墓(北広島町中山).jpg
写真10 吉川興経の首級墓(同上)

写真11 吉川興経首級墓(北広島町中山).jpg
写真11 同上

 また,松風が倒れて亡くなった所には,『興経の首をくわえた白い愛犬が,新庄小倉山城に帰る途中,この地で息絶えた』とされる『犬塚』が祀られています(写真12)。松風を忠犬に例えた話かも知れません。

写真12 犬塚(北広島町中山).jpg
写真12 犬塚(北広島町中山)

 天文19年(1550)は,毛利両川体制(吉川家,小早川家)が実現された記念すべき年ですが,その陰には悲しい史実もあるのでした。

(注:『狩留家郷土史研究会』による『わがまち狩留家の史跡探訪~中郡道 歩けば歴史が見えてくる~』の資料を参考引用させていただきました)



コメント


認証コード(5923)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional