自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-03-23

Top / ブログ / 2014-03-23

ゴチになります!

メジロ1.jpg
写真1 サクランボの花にメジロ  東広島市八本松南(2014.3.20)

かやネズミです。
 「暑さ寒さも彼岸まで。」庭のサクランボの木が満開となりメジロが花の蜜を求めて次々やってきます。「ゴチになります!」とメジロ君。(写真1)

 一心不乱に蜜を吸うメジロに春爛漫を感じながら彼岸の昼下がりにシャッターを押し続けました。(写真2~5)

メジロ2.jpg
写真2

※メジロ(目白・繍眼児、学名 Zosterops japonicus)はスズメ目メジロ科メジロ属の鳥の一種
※サクランボまたは桜桃(おうとう)は、バラ科サクラ属サクラ亜属の果樹であるミザクラ(実桜)の果実。食用。(フリー百科辞典より)

メジロ3.jpg
写真3

 メジロには並んでお互いに押し合う習性があり、それが「目白押し」の語源とか。

メジロ4.jpg
写真4

 環境省は2012年4月からメジロの飼育を目的とした捕獲を正式に全面禁止としたそうです。

メジロ5.jpg
写真5

 メジロたちのおかげで受粉が進みサクランボが実ります。花が終わるとヒヨドリなどにサクランボが食べられないように防護ネットを張り巡らします。小鳥は時には益鳥にも害鳥にもなりますがそれは人間の勝手ですね。サクランボは今年も豊作が期待できそうです。次はかやネズミが「ゴチになります!」(^J^)



コメント

  • どの写真もいいショットですね。 -- ミーアキャットです。 2014-04-06 (日) 21:45:16

認証コード(8000)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional