自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-06-09

Top / ブログ / 2014-06-09

バラとモリアオガエル

写真1.jpg
写真1 湧永庭園のバラ (2014.6.7)

ミーアキャットです。
 広島県安芸高田市の湧永庭園に行ってみました。駐車場がいっぱいのため,大分待ってから入ることができました。庭園の入口をくぐると神楽の音色。広い芝生の上に仮設ステージが作られ,多くのお客さんが楽しんでおられました(写真2~3)。

写真2 神楽.jpg
写真2 仮設ステージでの神楽

写真3.jpg
写真3 同上

 バラは満開を迎え,芳香が漂っていました(写真4~7)。

写真4.jpg
写真4

写真5.jpg
写真5

写真6.jpg
写真6

写真7.jpg
写真7

 スイレンが密生した池には,モリアオガエルの卵塊が多数下がっていました(写真8)。

写真8 スイレンの池.jpg
写真8 スイレンの池

 卵塊は地上30㎝くらいのところ,池の上1~2mのところ,樹上7~8mのところなど,いろいろな場所にありました。

写真9 モリアオガエルの卵塊.jpg
写真9 池の側の地上30㎝くらいの卵塊

写真10.jpg
写真10 池の上1mくらいの卵塊

写真11.jpg
写真11 同上

写真12.jpg
写真12 樹上2mくらいの卵塊

写真13.jpg
写真13 池にせり出した樹上7~8mの高いところの卵塊

写真14.jpg
写真14 同上

 ところどころで,池よりはずれた場所の樹上に卵塊が付いており,孵化したオタマジャクシが地面の上に落ちそうで少し心配しました(写真15)。

写真15.jpg
写真15 池から外れた樹上の卵塊

 池のスイレンは少し咲いていました(写真16~17)。

写真16 スイレン.jpg
写真16 スイレン(モリアオガエルの池)

写真17.jpg
写真17 スイレン(モネの池)

 なお,この庭園の近くにあった甲立礫層のきれいな露頭(昭和44年(1969)に安芸高田市の天然記念物に指定)が,造成工事により全く見えなくなっていて,とても残念でした(写真18~19)。もう一度,どこかに見える露頭を保存してもらいたいものですが・・・。

写真18 造成工事のため見えなくなった甲立礫層.jpg
写真18 造成工事により見えなくなった露頭

写真19.jpg
写真19 造成地の前に看板だけが寂しく立つ

写真20 甲立礫層の露頭(2013.6.11).jpg
写真20 ありし日の露頭(2013.6.11)

写真21.jpg
写真21 同上

写真22.jpg
写真22 同上

写真23.jpg
写真23 同上



コメント


認証コード(1896)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional