自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-07-02

Top / ブログ / 2014-07-02

国指定名勝天然記念物・鬼の舌震

写真1.jpg
写真1

ミーアキャットです。
 島根県仁多郡奥出雲町三成の『鬼の舌震(したぶるい)』です。この名の由来は,出雲風土記に出てくる『ワニの慕(した)ぶる』が転訛したものとされています(写真3)。

写真2.jpg
写真2

写真3.jpg
写真3

 斐伊川の支流,大馬木(おおまき)川の中流部の渓谷です。両岸には粗粒黒雲母花崗岩の断崖絶壁が続き,河床には直径10mもの巨大な岩塊が重なっています(写真4~5)。

写真4.jpg
写真4

写真5.jpg
写真5 巨大な岩塊が重なる

 岩塊や河床の岩盤は,研磨されて滑らかになっているものがたくさん見られます(写真6~7)。

写真6.jpg
写真6

写真7.jpg
写真7

 特徴的なのが,ポットホール(甌穴)です。現河床よりかなり高いところにも見られます(写真8~15)。

写真8.jpg
写真8

写真9.jpg
写真9

写真10.jpg
写真10

写真11.jpg
写真11

写真12.jpg
写真12

写真13.jpg
写真13

写真14.jpg
写真14

写真15.jpg
写真15

 河床には現在,形成中のポットホールが見られます。水流が勢いよく回転していました(写真1,16~18)。

写真16.jpg
写真16

写真17.jpg
写真17

写真18.jpg
写真18

 ところどころに花崗岩の絶壁が見えます(写真19)。

写真19.jpg
写真19

 遊歩道の北側入口には,吊り橋が架かっています(橋長160m,水面からの高さ45m)。”しまね景観賞奨励賞”と書いてありましたので,少し渡りかけてみましたが,極度の高所恐怖症の私は,1/3くらいのところで引き返しました(写真20~23)。

写真20.jpg
写真20

写真21.jpg
写真21

写真22.jpg
写真22

写真23.jpg
写真23 橋の上から河床を見る(かなり恐かった)

 明治~昭和の歌人与謝野鉄幹・晶子夫妻は,この地を訪れた際に,つぎのように詠まれたと現地の説明板に書いてありました(写真24)。
・与謝野鉄幹
 したい山 まことに誰を したふらん 清き涙の 岩こえて鳴る
・与謝野晶子
 紫の 水のつとふは 目におかず 並べる岩の くはだつること

写真24.jpg
写真24

写真25.jpg
写真25



コメント


認証コード(0221)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional