自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-10-06

Top / ブログ / 2014-10-06

オオサンショウウオの会 東広島大会(1)

大会1.jpg
図1:三篠川の観察へ向かう参加者の方々

お久しぶりです。のさんぽです。
 日本オオサンショウウオの会東広島大会、1日目(9月27日)の夜間観察会からです。

 夜間観察会は、広島市へと流れる太田川とつながる豊栄町最北部の「三篠川」で行われました。川の中へ入るグループと、川岸から見守るグループの2手に分かれ進みます。地元の人が、灯りを持って誘導してくださいました。図1

大会2.jpg
図2:川岸から川のなかを見守る参加者の方々

大会3.jpg
図3:川のなかでオオサンショウウオを探す参加者の方々

大会4.jpg
図4:スーツ姿、カッコいい!

 女性の参加者も多かったです。

大会5.jpg
図5:広島大学総合博物館のS先生とAカメラマン(右端)

 緑のキャップを被っているのがスタッフです。

大会6.jpg
図6:広島大学の学生スタッフのみなさん

 前日の準備から参加されています。

大会7.jpg
図7:川の上流へと進む参加者の方々

大会8.jpg
図8:多くの参加者の方でにぎわいました。ぎゅうぎゅう詰めです

大会9.jpg
図9:会長の桑原先生(中央左)

大会10.jpg
図10:生い茂るヨシもなんのその。みなさんオオサンショウウオへの情熱が熱いです。

大会11.jpg
図11:カマキリも飛び入り参加!?後ろは地元スタッフで「豊栄の自然を守る会」のSさん。

大会12.jpg
図12:川で見つかったカエルやイモリ、サワガニなど

大会13.jpg
図13:見つかった卵塊

 この夜は、残念なことにオオサンショウウオは見つかりませんでしたが、卵の一部を確認することができました。おそらく9月の上旬に産卵されたものです。
 今までの調査で成体が見られなかったことはなかったので、とても残念です。多くの方に見られて緊張してしまったのかな。



コメント


認証コード(0423)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional