自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-10-20

Top / ブログ / 2014-10-20

2014年初登山「PART-2」

11-キナバルバルサム.jpg
写真.11-キナバルバルサム

「てかり」です。
 2014初登山「PART-2」
 ゲートを潜り、少し行くとピンクの草花が咲いていた、名前はキナバルバルサムと言う名前らしい。

 登山ルートで雄一、乾期に水があるところ。キナバル山は、山が一つの岩で出来ていて、水を蓄える土も無く、降った雨もすぐ流れて留める所がない。雨期にスコールが降れば、山全体から滝のカーテンの様に、水が落ちる写真があった。

12-カーソン滝.jpg
写真.12-カーソン滝(Carson Fall)

 登山口から30分、1キロ進む、最初のシェルター(避難施設) Kandis Shelter_に達する。

13-シェルター.jpg
写真.13-シェルター

 出発して、40分登山道の脇にリスが出現。登山者がいると傍に出てくる、最初に出くわした登山者が、餌をやったから味を占めて、楽な餌の取り方を覚えてしまった感じ。リスの種類は、ボルネオカオナガリス、ミケリスの、どちらかでは無いかと思う。

14-リス.jpg
写真.14-リス

:現地のポーター、委託された荷物を背負い、足回りはゴム草履で登って行ってた。日本語は判らないようだが、途中の休憩中にチョコレートを出したら、にっこり笑みを浮かべて受け取った。

15-元気なポーター.jpg
写真.15-元気なポーター

 珍しい物を見つけ、カメラタイムを要求する。皆、カメラの方向を見て、勝手なことを言っていた。

16-珍しい物撮影.jpg
写真.16-珍しい物撮影

 珍しい物、野生の小さな白い蘭である。園芸種の様な派手さは無い、興味のない人は、なーんだ。と、

17-野生ラン.jpg
写真.17-野生蘭

 登山道以外はジャングルでブッシュ、絶対と言われるほど登山道以外は木が密集していて歩けない。

18-周辺のジャングル.jpg
写真.18-周辺のジャングル

 1時間歩いた。標高2164m、距離にして1.5km、高度にして297m登った。標準的なスピード、皆慣れている感じで、Uboh Shelter_に着いた。

19-Ubah.Shelter.jpg
写真.19-Ubah.Shelter

 深紅の花が咲いている(R.crassifolium)、シャクナゲの様だが、日本に有る物と葉が違う。木に一房の花しかない、日本のは殆ど各枝に花を付けている。

20-R.crassifolium(シャクナゲ).jpg
写真.20-R.crassifolium(シャクナゲの仲間)

     まだ、まだ、ジャングルの中を歩きます。

つづく



コメント


認証コード(9158)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional