自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-10-22

Top / ブログ / 2014-10-22

2014年初登山「PART-3」

21-レティベニウム.jpg
写真.21-レティベニウム

「てかり」です。
 今年の初登山「PART-3」
 出発して1時間半、少し汗ばんで来ましたが、思ったほど暑くありません。湿度の関係か、日本の山の方が汗の出が多い様です。標高2,200m付近で、黄色のシャクナゲ(レティベニウム)が鮮やかに咲いていました。
 黄色い花を見ると何故か、歌手のキム・ヨンジャを思い出します。平成14年の酒祭りで、よく似合ってた黄色いドレスで唄を歌った、帰る前に握手をした、テレビでは大柄に写るけど割と小柄であった印象が強く残っている。

 2キロ歩いた、3番目のシェルターに到達

22-Lowii.Shelter.jpg
写真.22-Lowil Sheltter

 3キロ、次のシェルターに到着

23-Menrening.Shelter.jpg
写真.23-Menrening Shelter

 シャガのような葉に花穂が付いている、沖縄で見る月桃(ゲットウ)に良く似ている。

24-エリア・フロリブンダ.jpg
写真.24-エリア・フロリブンダ

 エビの体に似た、花房

25-エリア・ロブスタ.jpg
写真.25-エリア・ロブスタ

 3.5キロ表示、出発して3時間40分、770m登っている。

26-ポイント標識3.5キロ.jpg
写真.26-ポイント表示

 4.0キロ、ラヤンラヤン・ハットに到達、今日の予定、3分の2消化

27-ラヤンラヤン・ハット.jpg
写真.27-Layang Layang Hat

 今度は、エビネを発見、これまた日本では見かけない、純白の花、実に綺麗、派手さは無いが美しい。カランセ・トランシェンス(Calanthe Transiens)

28-エビネ1.jpg
写真.28-エビネ1

29-エビネ.jpg
写真.29-エビネ2

 5時間30分歩いてきた、後1.5キロで今日の宿に着く予定。空気も薄くなり、気のせいか足も遅くなる。

30-ポイント標識4.5キロ.jpg
写真.30-ポイント表示4.5キロ

    次は何とか、小屋に入れそう。

つづく



コメント


認証コード(9842)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional