自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-11-13

Top / ブログ / 2014-11-13

目薬の木

画像の説明
写真1 紅葉したメグスリノキ

かやネズミです。
 今、まさに山々は紅葉の真っ盛りを迎えようとしています。知人から珍しい木の葉を戴きました。(写真1) 
 「目薬の木」というもので日本国内に自生し、戦国時代から目薬として使用されてきたとか。大河ドラマの軍師・黒田官兵衛の祖父がこのメグスリノキを原料とした目薬を作り、巨万の財をなしたといわれているそうです。
 ちなみに知人は自宅に植えておられて、ご子息は眼科医としてご活躍中。かやネズミもご利益にあやかりたく財布にこの葉っぱを忍ばせてみましたが・・・。(笑)
【メグスリノキ】
カエデ科カエデ属。主に、標高700m付近に多く見られる。大きいもので樹高10m。葉は5~13cmで、三枚の小葉からなる複葉。



コメント


認証コード(5437)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional