自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-12-11

Top / ブログ / 2014-12-11

玉山登山「PART-8」

71.台北のホテル.jpg
写真.71 台北のホテル

「てかり」です。
 玉山登山「PART-8」
 道路工事で遅れて台中市まで戻ったのが、18時30分、今日中に台北に帰れるか疑問で、台中で夕食を取って帰ることになった。食事を終えて、再び高速道に乗り台北のホテルに帰った、ホテルに着いたのが、午後11時30分、何とか今日中に帰れたが、帰ってからの食事は無理だった。ホテルの部屋は、大きなゆったりとしたツインルームで、46インチのデジタルテレビ等調度品も立派でした。写真.71 台北のホテル

 洗面所、バスルーム、トイレは、床、壁が総て大理石であった。洗面室は、大きな三面姿見があり、肉体美の男性モデルが、写っている。

72.洗面室.jpg
写真.72 洗面室

 バスルームは、全面厚さ15ミリの強化ガラス張りであった。一寸、男同士での使用には、抵抗を感じるが、夫婦、家族なら良いのかな。

73.バスルーム.jpg
写真.73 バスルーム

 トイレは、使用後の水洗ノブが見あたらず、探した。背側の壁に有る金属プレートが水洗ノブであった。

74.トイレ.jpg
写真.74 トイレ

 よく寝られ気持ち良い、目覚めであった。今日は帰りの飛行機の搭乗時間まで、台北の市内観光の予定。ホテルの朝食、やっと、まともなバキングの朝食にお目にかかれた。コーヒーを二杯飲んだ、あと、まともなパンと果物で生き返った感じ。

75.ホテル朝食.jpg
写真.75 ホテル朝食

 観光でまず、龍山時(ロンサンスゥ)へ行く、台北市最古の仏教と道教の寺。長い線香五本を買い作法を聞き、火を点けて吹いて消してはいけない、など。香呂が五カ所に有るので、それぞれ願い事をして一本づつ納める様にと。

76.台北・龍山寺.jpg
写真.76 台北・龍山寺

 老若男如、朝のお参りをされていた。足元にかなり荷物を置いているので遠方から来られているようだ。

77.龍山寺・お参りの人.jpg
写真.77 龍山寺・お参りの人

 次は、忠烈祠(ツォンリエツゥー)。ここは日本で言うと、靖国神社の様な所で、衛兵が守っていて、毎時丁度に衛兵の交代式がある。

78.台北・忠烈祠.jpg
写真.78 台北・忠烈祠

 衛兵の交代式、詰め所から霊廟まで儀礼行進をし、交代式をして任務を替わる。

79.忠烈祠・衛兵の交代式.jpg
写真.79 忠烈祠・衛兵の交代式

 交代式が終わり、任務を終えた衛兵が帰ったら、守備している衛兵の傍に行く事が出来るが、話しかけたり、触ったりしてはいけない。

80.衛兵と記念写真.jpg
写真.80 衛兵と記念写真

 次は、台北101タワーに

つづく



コメント


認証コード(9733)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional