自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2015-01-29

Top / ブログ / 2015-01-29

雨ニモマケズ

ヌシです。
 “雨にも負けず”(宮沢賢治)はヌシの発声練習のテキストです。このテキストはネットからダウンロードし、ヌシなりに編集したものです。(「すべて見る」を参照)
 ゆっくり、しっかり声を出して発声しています。さて、この著名な詩の中に「小さな萱ぶきの小屋」とあります。気が付きませんでした。

 現在、かやネズミさんが中心となって、今年6月「茅葺きフォーラム東広島大会」の開催準備が始まっています。昨年のオオサンショウウオ東広島大会に続いて、私達関係者による2年連続の全国大会開催です。東広島市自然研究会は全面的な支援・協力をしたいと思っています。

『雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けず

丈夫な体を持ち 欲はなく決して怒らず いつも静かに笑っている

1日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ 

あらゆることを自分を勘定に入れず

よく見聞きし分かり そして忘れず

野原の林の下の蔭の 小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば 行って看病してやり

西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば 行って怖がらなくてもいいと言い

北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろと言い

日照りのときは涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き

皆にデクノボーと呼ばれ ほめられもせず 苦にもされず

そういうものに私はなりたい。』



コメント


認証コード(5445)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional