自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2016-01-31

Top / ブログ / 2016-01-31

畳ケ淵の玄武岩柱状節理

写真1.jpg
写真1 玄武岩の柱状節理の断面

ミーアキャットです。
 先年,当研究会Kさん主宰の『岩石の会』で訪れた山口県須佐市の玄武岩の柱状節理です。田万川の上流部に約2㎞にわたって分布していて,亀甲状の六角形の柱状節理がそそり立つ風景は見事です。

写真2.jpg
写真2 田万川沿いを歩く

写真3.jpg
写真3 同上(右奥に柱状節理が見える)

 ところどころに淵があり,淵に沿って,きれいな柱状節理が露頭しています(写真4~5)。

写真4.jpg  
写真4 淵と柱状節理

写真5.jpg
写真5 同上

 岸辺には,玄武岩の柱状節理(高さ十数m)が垂直にそそり立ち,圧倒されます(写真6~7)。

写真6.jpg
写真6 岸辺の柱状節理

写真7.jpg
写真7 同上

 露頭から崩れ落ちた岩石は六角形のサイコロのようです(写真8)。

写真8.jpg
写真8 崩れ落ちた岩

写真9.jpg
写真9 柱状節理の断面を見る

 この『畳ケ淵の柱状節理』は,山口県の自然百選に選ばれています。



コメント

  • 巨樹のKさんと岩石のO先生、異色のコラボで、ご案内していただく先々で新鮮な感動をいただきました。10数回のお世話に感謝です。ありがとうございます。 -- ヌシです 2016-01-31 (日) 11:14:01

認証コード(5486)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional