自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2018-05-02

Top / ブログ / 2018-05-02

国天然記念物「ナメクジウオ生息地」昭和3年指定

画像の説明
写真1 2018年4月29日撮影

小ヌシです
三原市幸崎町久和喜の沖合の有竜島(左)と能地堆(右)です。写真1

春の大潮の干潮時に、能地堆の砂場が広く長時間露出するようです。ここにはナメクジウオが生息しています。今日は小船や人影が見えます。生息調査を行っているのでしょうか?写真2,3

画像の説明
写真2

画像の説明
写真3

もしそうなら、たくさんの生息確認ができると良いですね。
昔はこの近くで能地の“浮き鯛”も見られたとか。

いつの間にか滿汐です。徐々にその姿を消していきます。写真4

画像の説明
写真4

穏やかな景色も楽しませてもらいました。

「東広島市内の海岸でナメクジウオやカブトガニを見つけたい!」というのも、長年の夢の一つです。

参考:環境省HPより↓
https://www.env.go.jp/water/heisa/heisa_net/setouchiNet/seto/setonaikai/clm3.html
参考:ブログ/2013-09-06



コメント


認証コード(7947)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional