自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2020-08-13

Top / ブログ / 2020-08-13

夾竹桃 キョウチクトウ

画像の説明
写真1  東広島市広島大学構内 2020.8.12

かやネズミです。
残暑お見舞い申し上げます。
コロナ感染の終息に目途がたたない中、子供たちにとって短い夏休みが終わろうとしています。
広島大学東広島キャンパスを通りかかったら夾竹桃が咲き誇っていました。写真1
夾竹桃は広島市の花に指定。原爆の焦土にいち早く蘇った復興のシンボルとして市民に愛されています。被爆当時、広島大学が爆心地に近かったこともあり移転先(東広島市)にも復興のシンボルとしての夾竹桃が植えられたのかなぁ?と勝手に推測。(笑)

尚、夾竹桃は花にも枝葉にも毒性があるそうです。ご用心。
また、夾竹桃は葉が竹に、花が桃に似ているのが名前の由来とか。インド原産、江戸中期に中国から渡来。



コメント

  • 夾竹桃、母校の校庭にも植えられていました。花の咲くこの時期になると、必ず「戦争」のことを思い出されました。他県ではどうなのでしょうか。 -- 小ヌシです 2020-08-13 (木) 11:31:09

認証コード(0392)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional