自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2021-03-18

Top / ブログ / 2021-03-18

映画「男はつらいよ」から

1DSCN2285.JPG
写真1 タイトル画面 映画より

小ヌシです。
先日のシゲさんの記事「とびしま海道へ」に刺激されて、「御手洗(みたらい)」集落の手前の「大長(おおちょう)」の原稿をアップしました。大変古い話ですが、すみません。
「男はつらいよ浪速の恋の寅次郎」第27作、公開1981年、原作・監督 山田洋次さんのロケが大崎下島の「大長」(呉市)で行われたのをご存知でしょうか?写真1

熱狂的なファンではない小ヌシでも、「寅さん」のDVDやVHSテープは数枚所持していて、ときおり見ることがあり、たまたま見つけました。
映画の初めに「玄海ツツジ」の話が出ます。きっと何かの伏線でしょうね。その後、いつものように寅さんが旅に出ます。今回は瀬戸内海です。寅さん役の渥美清さん、マドンナ役の松坂慶子さん、40年ほど前ですから、別人のように初々しい。
お二人の出会いが「大長」でロケされていました。
軽トラックのドアに「大長~」と書かれているのを見つけ、驚きました。嬉しいですね。
写真2,3

2DSCN2263.JPG
写真2 映画より

画像の説明
写真3 映画より

小長港(?)での別れのシーンも印象深く、巡航船の姿も懐かしい。潮の香りが漂ってきそうです。
この映画をご覧になる機会がありましたら、「大長」を探してみてください。写真4,5 

画像の説明
写真4 映画より

画像の説明
写真5 映画より

また、同監督の「故郷」(1972年公開)も瀬戸内を舞台にした味わい深い作品で、お薦めです。写真6

画像の説明
写真6

*写真はすべてDVDの再生時に撮影しました。

参考:ブログ/2013-10-10
安芸灘とびしま海道の旅
ブログ/2014-01-17
ブログ/2016-03-15など多数



コメント


認証コード(5840)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional