自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2021-03-21

Top / ブログ / 2021-03-21

新聞記事より

画像の説明
写真1 2021.3.19付中国新聞

小ヌシです。
「意外なところで、意外な化石が出た」と思いました。
島根県邑南(おおなん)町で国内初の“セイウチ”の化石が出たと報じられていました。写真1

邑南町は広島県に隣接する中国山地のほぼど真ん中の町、第13回オオサンショウウオ全国大会でお世話になった開催地でハンザキ自然館のある町です。

「約1600万年前、邑南まで海域が拡がっていたのか?現生の“セイウチ”は、おもに北極圏に生息している海獣だから、ここには寒流が流れていたのか?それとも、“原始セイウチ”は陸生だったのか?」など、小ヌシなりにいろいろ考えさせてくれました。
高海自治会化石研究会さんには、ほかの部位の化石など、さらなる化石の発見を期待します。

参考:セイウチ - Wikipedia
ブログ/2016-10-03など多数
県北の化石産地を巡る



コメント


認証コード(3998)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional