自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2021-06-13

Top / ブログ / 2021-06-13

南薫造展Ⅲ 洗練の美-日常にひそむもの-に

画像の説明
写真1 チラシ

小ヌシです
梅雨の中日、郷土の画家「南薫造」の没後70年特別展Ⅲを鑑賞してきました。
瀬戸内の風景や農作業の光景などのありふれた日常の中に「美」をみつけ、
詩情に満ちた、てらいのない氏の作品に癒されました。写真1

会場の南薫造記念館(安浦歴史民俗資料館)は江戸時代に建築された生家とアトリエが修復されたもので、空調設備を備えた絵画の展示室は隣接されています。
受付を済ませると、木組の下、タイムスリップしたような、ゆっくりとした雰囲気に包まれます。写真2

画像の説明
写真2

座敷の上がり框に腰かけて、頂いたチラシや資料を見ました。
これからの小企画も目白押し、面白そうです。
なかでも、この夏の「安浦小学校児童絵画作品展」はお薦めとスタッフさん。
子どもたちの作品を楽しみに待ちたいと思います。写真3

画像の説明
写真3 チラシ裏

奥の展示室には今回のテーマの数々の作品が解説とともに展示されていました。
良い雰囲気でした。写真4

画像の説明
写真4

絵画の撮影は不可でしたので、氏の思いが伝わる解説文を一つ。写真5

画像の説明
写真5

生家には絵画以外の多くの資料が展示されていました。
「こんなに多く良く残されていたものだ」と感心。

今回お土産でいただいた絵はがきです。題「夕日」(1949年)油彩。
瀬戸内の穏やかな夕景は良いですね。ありがとうございました。 写真6

画像の説明
写真6 絵はがき

参考:ブログ/2020-10-24
  :ブログ/2020-10-26
  :ブログ/2021-02-12



コメント


認証コード(5248)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional