自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2021-08-27

Top / ブログ / 2021-08-27

詩 栗原貞子さん「生ましめんかな」

1img264.jpg
写真1

小ヌシです。
栗原貞子さんの詩「生ましめんかな」が載っている本が「たしかあるはず」と、
本棚の「原爆関連」の場所を探したらありました。
「どきゅめんと・ヒロシマ24年-現代の救済-」1970年 社会新報発行です。 写真1

この本を再読するきっかけは、先日の中国新聞「天風録」さんに上げられていたからです。写真2

画像の説明
写真2 2021.8.21付 中国新聞記事

小ヌシにとって、「8月」は毎年特別な月と思っています。しかし、本年は“コロナ第5波?”、酷暑、豪雨災害に加えて、東京2020オリンピックと、目の前のことに追われ、あわただしく過ぎていこうとしています。
このあわただしさをどう表現したらよいのでしょうか?

栗原さんの本を再読する中で、懐かしい本の書評がありましたので続けてご紹介します。
今堀誠二先生の「原水爆時代-現代史の証言-上・下」(1959・1960)三一書房です。
今まだ、下巻の半分までしか読んでいませんが、
しばらくは、来し方を振り返りたいと思っています。写真3

画像の説明
写真3



コメント


認証コード(4607)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional