自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2021-10-08

Top / ブログ / 2021-10-08

レンガはどこに?

画像の説明
写真1 2021.10.6付 中国新聞

ヌシです。
この一帯に分布する火山由来の灰ヶ峰層H6d部層と区分されているデーサイト溶結結晶凝灰岩の風化土は、名産のジャガイモだけでなく、その土を使ったレンガ製造は一帯の一大産業でした。同じ地層が分布する隣接の東広島市安芸津町の記録では、明治20年代から始まったレンガ製造は昭和初期まで22の工場が稼働し、一時は中国地方の90%を供給したと言われています。現在、この一帯での稼働は新聞の竹原市吉名町の「松本煉瓦」さんの一工場だけでしょうか? 小ヌシはそれらのレンガの行方も気になっています。
なお、安芸津町内にちらほらと塀などに残っているのを見ることができ、安芸津歴史民俗資料館にも展示されています。写真1

【利用再開】安芸津歴史民俗資料館/東広島市ホームページ (higashihiroshima.lg.jp)
https://www.city.higashihiroshima.lg.jp/soshiki/kyoikuiinkaishogaigakushu/3/3/12946.html
参考:安芸津町史



コメント


認証コード(3687)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional