自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-01-18

Top / ブログ / 2013-01-18

とんど

画像の説明

かやネズミです。
先の日曜日(13日)は私が住む団地(東広島市八本松南)の「とんど」でした。350世帯1000人が住んでいます。
この日は8時から竹を採りに行き組立てて、12時に点火。婦人たちは前日からおでん、ぜんざい、甘酒を用意。

有志により近隣の「とんど」を見よう見まねで始めてから30年、今では恒例行事となり全員参加で開催されます。工程写真を「すべて見る」でどうぞ。

画像をクリックすると拡大します。

画像の説明
1.団地に忍び寄る竹林にて伐採 8時

画像の説明
2.柱の建前

画像の説明
3.心柱完成

画像の説明
4.とんど完成 10時

画像の説明
5.点火 12時

画像の説明
6.消防団待機

画像の説明
7.もち焼き

画像の説明
8.おでん配布開始に長い行列

画像の説明
9.大人も子供もジベタリアン

画像の説明
10.隣の溜池に黒い水鳥が・・・。後日、「オオバン」と確認。
※オオバン
ツル目、クイナ科  全長36~39cm
体のほとんどが黒色で、嘴から額にかけて白く、目は濃い茶色である。足は暗緑色をしている。
指は長くひれがある。広い水辺に生息し、もぐって餌を取る。首を前後に振って泳ぐ。雌雄同色。
クルルッ。キュルルルッと鳴く。
日本では主に本州中部以北、北海道で繁殖する。最近では滋賀県、山口県、福岡県、大分県などでも少数ながら繁殖が確認されている。(野鳥図鑑より)



コメント


認証コード(4061)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional