自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

FrontPage

設立 1991年2月

画像の説明


東広島市自然研究会はオオサンショウウオの実態調査に参加しています
オオサンショウウオの一年


※画像はクリックすると拡大します。

新着情報

 広大総合博物館さんよりオオサンショウウオ関連イベントのご案内

230125ー1img900.jpg
写真1 チラシ

230125ー2img901.jpg
写真2 チラシ

3月16,24日、「2022年度広島大学地域の元気応援プロジェクト」の成果発表会が開催されます。ご興味のある方はぜひご参加下さい。写真1,2

日時:Part1:3月16日(木)17:30~19:00
   Part2:3月24日(金)17:00~19:30
会場:広島大学東広島キャンパス ミライクリエ 多目的スペース
定員:対面30名+オンライン30名
申込方法:対面は申し込み不要で先着,オンラインの方は以下よりお申込みください
https://forms.office.com/r/EKF8Pgj5jw

オオサンショウウオ関連イベント↓
発表テーマ:(広島市)地域と大学が連携した湯来町における、オオサンショウウオの基礎生態調査と環境保全活動2022-NPO湯来観光地域づくり公社、総合博物館 清水 則雄
(文責 土岡)
参考*2013年7月~12月(広島大学地域連携推進事業 成果発表会7月)
  :ブログ/2013-07-15(広島大学地域連携推進事業 成果発表)


 2023年2月5日シンポジウムのご案内(追加)

以下、広島大学総合博物館さんからのお知らせです。ご検討ください。(文責 土岡)

【2/5シンポジウムとオオサンショウウオをめぐるツアーのご案内】
先日ご案内いたしました,2/5(日)開催のシンポジウム「県央地域の現在(いま)と未来https://www.city.higashihiroshima.lg.jp/soshiki/somu/1_1/1/daigakuevent/34204.html
に関連したバスツアーの開催が決定しました。
参加ご希望の方は,以下のフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/8Ggii78JKbQesH1P8
以下は詳細となりますので,皆さまご確認ください。
『総合博物館シンポ(in 豊栄)とオオサンショウウオの見学』

■日程
2月5日(日)
08:45 広島大学総合科学部玄関前集合・出発
09:00 西条駅・出発
10:00--12:00 豊栄支所:シンポジウム:県央地域の現在(いま)と未来
〇基調講演:「県央地域の活性化について」 講演者/高垣 広徳(東広島市長)
〇テーマ1:「地域・自治体・大学が協働したオオサンショウウオの保護活動とエコミュージアムの可能性」
講師/清水 則雄(広島大学総合博物館准教授)
〇テーマ2.:「県央に自然史博物館がやってくる‼展からみた県央地域の活性化」
講師/中坪 孝之(広島大学総合博物館長)
〇パネルディスカッション
12:20-13:50 トムミルクファーム
〇昼食をとります(弁当持参でも可)
〇牧場の見学,ヤギなどとのふれあい,新鮮な牛乳やジェラートの飲食など,牧場体験
14:00-15:00 オオサンショウウオの宿(場合によって川端の自然観察)
〇保護されているオオサンショウウオ(在来種,交雑種,ほか)を間近に見ることができます。
〇また,シンポジウムで紹介される豊栄のオオサンショウウオの生息環境を見て歩きます。運がよければ川の中にいるオオサンショウウオを見ることができるかもしれません。
15:30 道の駅福富、 16:10 西条駅、 16:30 広大総科

■費用:バス代は無料。シンポジウム参加費も無料。食費は自己負担(トムミルクファームで昼食時間をとります)
 ただし,一般の参加者の場合は,保険代をいただく可能性があります。

■なお,参加費はいただきませんが,参加者には,シンポジウムへの感想などの簡単なアンケートへの回答をお願いします。

■定員:この見学会の定員(バスの定員)は20名。シンポジウムの定員は150名なのでお間違えのないようにお願いします。

■申し込み方法:以下のフォームより申込ください
https://forms.gle/8Ggii78JKbQesH1P8

■申込期限:2023年1月27日(金)


 2023年2月5日(日)シンポジウムのご案内

広島大学総合博物館さんから以下のご案内が届きました。
ご都合の良いかたは、ぜひご参加ください。(文責 土岡)

~広島大学総合博物館では、以下のとおり今夏の企画展「県央に自然史博物館がやってくる!?」を振り返るシンポジウムを開催します。
最新情報は以下の市HPよりご確認ください.
https://www.city.higashihiroshima.lg.jp/soshiki/somu/1_1/1/daigakuevent/34204.html
皆さまのご参加を、お待ちしております。

【広島大学総合博物館シンポジウム「県央地域の現在(いま)と未来」】
日時:2023(令和5)年2月5日(日)10時~12時
場所:豊栄生涯学習センター大ホール(東広島市豊栄町鍛冶屋271番地)
定員:会場先着150名(Zoomでのオンライン併用)
内容:
〇基調講演:「県央地域の活性化について」
講演者/高垣 広徳(東広島市長)

〇テーマ1:「地域・自治体・大学が協働したオオサンショウウオの保護活動とエコミュージアムの可能性」
講師/清水 則雄(広島大学総合博物館准教授)

〇テーマ2.:「県央に自然史博物館がやってくる!?展からみた県央地域の活性化」
講師/中坪 孝之(広島大学総合博物館長)

〇パネルディスカッション

申込:以下のフォームよりお申し込みください。~
https://forms.office.com/r/WDLbvNegCA

画像の説明


 ホームページ開設10周年 乾杯! 

皆様 ありがとうございます。
2011年8月東広島市豊栄町でオオサンショウウオ調査を開始、その記録と当会の活動記事などを留めておこうと、2013.1.1以来、アラコー(古希)、アナログの素人のスタッフが、目をショボショボさせながら頑張ってまいりました。それが、まさか10年も続けられるとは思ってもみませんでした。
ひとえに、皆様の多くのアクセス(今日までトップ新着情報に142,609人、ヌシの部屋に93,384人)と記事を提供してくれた方々のおかげです。スタッフ一同心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。
このHPは10年で区切ろうと思っていましたが、ここにきて広島県にもオオサンショウウオ「交雑種」(ハイブリッド)という難問が起こりました。さらに3年に及ぶ“コロナ”という大きなブレーキ、活動制限などもあり、豪雨からの対応や回復も未調査区域があるなど十分行えず、彼らの生息環境の改善もままならない現在です。数度実施された幼生の放流などの成果も確認できていません。などの理由で、言わば、オオサンショウウオに対してはまさに「これから」が正念場かもしれません。「老骨に鞭打って」前進してまいる所存ですので、引き続き、温かいご支援のほどよろしくお願いいたします。
2023(令和5)年1月1日  土岡 健太

参考:ブログ/2013-01-01 
  :ブログ/2013-01-11
  :ブログ/2022-10-18(ハイブリッドシンポ)ほか多数
  :ブログ/2022-11-03(賀茂北高さんとK先生の祝辞)ほか多数


 謹賀新年

画像の説明






過去の新着情報

2022年7月~12月

2022年1月~6月

2021年7月~12月

2021年1月~6月

2020年7月~12月

2020年1月~6月

2019年7月~12月

2019年1月~6月

2018年7月~12月

2018年1月~6月

2017年7月~12月

2017年1月~6月

2016年7月~12月

2016年1月~6月

2015年7月~12月

2015年1月~6月

2014年7月~12月

2014年1月~6月

2013年7月~12月

2013年1月~6月

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional