自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

FrontPage

設立 1991年2月

画像の説明


東広島市自然研究会はオオサンショウウオの実態調査に参加しています
オオサンショウウオの一年


※画像はクリックすると拡大します。

新着情報

 イベントのご案内

画像の説明

安佐動物公園のTさんから第8回 オオサンショウウオ共同研究シンポジウム(10/16)
のご案内が届きました。↓
~今回は現地+オンラインで、共同研究をしてきた方々からチュウゴクオオサンショウウオと在来種との交雑問題についてお話いただくという内容です。
京都、三重、奈良、広島での状況を比較しながら、交雑問題について考える機会となればと思います。是非ご参加ください~。

●第8回 オオサンショウウオ共同研究シンポジウム(10/16)
~特別編:交雑問題を考える~
http://www.asazoo.jp/event/eventlist/4988.php
(※参加登録はこちらから↑)
●シンポジウムのチラシ
1 日時
 令和4年10 月16 日(日) 13:00~15:30
2 開催方法
 安佐動物公園科学館ホールおよびWeb会議システム「Zoom」ウェビナー機能、YouTube ライブを併用して開催
3 演題・プログラム
  13:00~13:05 主催者挨拶 
  13:05~13:15 阿部 勝彦(あべ かつひこ)-安佐動物公園 副園長
          『趣旨説明』
  13:15~13:40 西川 完途(にしかわ かんと)-京都大学
          『中国のオオサンショウウオ研究の状況と、
           京都におけるオオサンショウウオ交雑問題について』
  13:45~14:10 清水 善吉(しみず ぜんきち)-三重自然誌の会
          『三重・奈良における交雑問題について』
  14:15~14:40 清水 則雄(しみず のりお)-広島大学
          『広島における交雑問題について』
  14:45~15:20 全体質問・総合討論
  15:20~15:25 閉会挨拶 
4 申込
(1)会場参加の場合
  先着100人。参加無料
(2)WEB参加の場合
 シンポジウムへは、WebからZoomウェビナーまたはYoutubeライブにてご参加いただけますが、参加いただける内容が異なります。
・Zoom:事前登録が必要です。シンポジウム内でチャット機能を使用して質問をしていただくことが可能です。
http://www.asazoo.jp/event/eventlist/4988.php
・Youtubeライブ:事前登録は必要ありません。閲覧のみで、チャット機能やコメント機能は使用できません。
 また、当日の参加者側でのネット接続の不備や問題については動物園で対応はできません。
以上、よろしくお願いいたします。


イベントのご案内

広島大学総合博物館さんより,近日開催イベントのご案内が届きました。
~第86回フィールドナビ「ネイチャーゲームで遊ぼう!秋編」

a221015第86回FN_ネイチャーゲーム秋.jpg

日時:10/15(土)13:30~15:30(受付は13時から)
ナビゲーター:淺野敏久(人間社会科学研究科 教授)・広島県シェアリングネイチャー協会(共催)
定員:20組
対象:どなたでも
参加費:ひとり300円 ※幼児は無料、一家族1,000円を上限とします。
申込方法:往復はがき
※詳細は添付のチラシ、または当館HP(https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~humuseum/event.html)をご覧ください。
申込締切:10/3(月)※当日必着
内容:秋を迎えたキャンパスで、環境教育プログラムのひとつ「ネイチャーゲーム」を楽しみませんか?
このプログラムは五感を使って自然を感じ、参加者同士で体験を分かち合うことを目的とします。簡単なゲームをしながら自然に触れるので、小さなお子さんでも参加できますし、ゲームを覚えておくと、日ごろの散歩も楽しくなります。
自然観察のひとつのバリエーションとして、ぜひ体験してみてください。
皆さまのお申し込みを,心よりお待ちしております.


 新潟大学公開講座のご案内

新潟大学さんから「「古生物学」ってなんだろう?」と題するオンライン講座のご案内です。
以下、チラシに添えられたメールです。興味のある方はご参加ください。(文責 土岡)
写真1,2

a新潟大学img1.jpg
写真1 チラシ表

a新潟大学img2.jpg
写真2 チラシ裏

~このたび,ZoomとYouTubeで,公開講座「「古生物学」ってなんだろう?」を開講する運びとなりました。本講座では、「古生物学ってどんな学問なんだろう?」を受講者の皆様と一緒に考えることで,この世に生きていない生き物ばかりを扱う「古生物学」の難しさと面白さを紹介します。また,講義当日,受講者様が採取した化石について,講師に質問するコーナーもありますので,質問を希望される場合は事前に化石の写真をメール(koukai@adm.niigata-u.ac.jp )でお送りください。~
 
 

 講演会のご案内―ホボロ島

画像の説明
写真1

当会顧問の沖村雄二先生が講師役を務められます。
参考・日本地質学会 - 地質フォト:ホボロ島の生物浸食作用
http://www.geosociety.jp/faq/content0012.html

 

両生類研究センターイベントのご案内

両生研イベントチラシ.jpg


 調査開始から満11年の祝辞

過日、日本オオサンショウウオの会のMLに「当会のオオサンショウウオ調査開始満11年」の記事ブログ/2022-08-06を投稿したところ、前会長の桑原一司先生からお祝いのメールをいただきましたので、ご披露します。(一部削除 文責 土岡)↓

皆様    桑原より
MLへの投稿、ありがとうございました。東広島オオサンショウウオの会調査開始から11年ですか。よくやりましたね。この調査によって豊栄個体群は何とか維持されていますが、この調査がなかったら、ほぼ消滅状態だったでしょうね。東広島オオサンショウウオの会、広大博物館などたくさんの人の協力と努力の歴史でしたね。これからも投稿よろしくお願いします。


 広島大学総合博物館さんからのご案内です↓

広島大学総合博物館第14回企画展「県央に自然史博物館がやってくる!?」
関連イベントのご案内

現在東広島市豊栄支所にて好評開催中の企画展「県央に自然史博物館がやってくる!?」の関連イベントとして、以下のフィールドナビを開催いたします。
どちらも申し込みが必要となりますが、皆さまふるってご応募くださいませ。

① 第84回フィールドナビ「さわって、さがそう!いろいろなカタチ」
日時:9/3(土)10:00~12:00(受付は9:30から)
集合:東広島市豊栄支所
講師:HUMs(広島大学総合博物館学生スタッフ)
定員:20組
申込方法:ハガキにてご応募ください(詳しくはこちらhttps://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~humuseum/event-moushikomi.html
申込締切:8/22(月)※当日必着
内容:当館学生スタッフ「HUMs」が講師となり、豊栄支所近くのやすらぎの園にて生き物の「カタチ」を探したり、いきものの「カタチ」に関するゲームを行います。

画像の説明


② 第85回フィールドナビ「東広島エコミュージアムツアー」
日時:9/10(土)・11日(日)
講師:淺野敏久(広島大学総合博物館)
参加費:両日あわせて2,000円(11日の昼食付)
定員:20名(最小催行人数6名)
共催:日本エコミュージアム研究会・地理科学学会
申込:以下のフォームよりお申込み下さい。
申込フォーム:https://forms.gle/gxj9BJXmrAtnTLPJ8
内容:
1日目
“酒都”西条の酒造りとそれを支える“水”の保全をテーマ(テーマ1)として,酒蔵通りや周辺施設を見学した後は、東広島エコミュージアムの活動紹介および参加者同士の意見交換を実施いたします。
2日目
東広島エコミュージアム北部を訪れ,野生生物との関わり(テーマ1)と小学校の統廃合などに伴って生まれる公共施設の活用(テーマ2)の2つのテーマによる現地見学会を行います。

ご質問等ございましたら,お気軽にhirog@hiroshima-u.ac.jpまでご連絡ください.
皆さまのお申し込みをお待ちしております.


 広報・東広島  7月号 2022 №579

画像の説明


 動画のご案内

日本オオサンショウウオの会のTさんからお知らせです。
「オオサンショウウオのニュースとして、先日大会が開かれた朝来市での活動が取り上げられていました。日本ハンザキ研究所や井筒屋さんも映っています↓。おそらく期間限定で見られるものだと思いますので、よろしければお早めにご覧ください。」

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220721/2000064044.html
 



 

 東広島市立豊栄図書館さんからご案内です。

添付「ポスター画像」
画像の説明

~今年も暑い夏を迎えました。豊栄図書館では、暑い夏に涼しい豊栄に来ていただこうと毎年「クール豊栄」のポスターを作成しています。今年度版です~。


「2021年度子育てルンルンNo.26」

画像の説明
写真1

今年も「豊平子育て支援センタールンルン」(認定こども園ふたば内)さんが令和3年度の事業報告書「だいじょうぶ」(A4サイズ77P)を届けてくれました。
いつも ありがとうございます。
詳しくは後日のブログ「ヌシの部屋」にアップ予定です。写真1


 県央に自然史博物館がやってくる!

豊栄ポスター_mini.jpg


 「このままでは日本のオオサンショウウオが消滅…」 “交雑種” 広島県内で初確認

安佐動物公園のTさんからの情報です。ヤフーニュースには1分56秒の動画もありました。↓
Tさん談、「・・これから広島市、広島大学、安佐動物公園が協力して、調査を進めていくことになりますが、大きな個体が複数みつかっていることから分布の拡大が心配です」
ご参考まで。(土岡)
rcc テレビ%e3%80%80イマナマ - 検索 (bing.com)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c66b221686cecab983317ec6f735935b6b0f46a?fbclid=IwAR03e1vo6cT3jYSbGmyyw4rXVd7cQIddwXd7ZHYXSUyWdQeC_Ftg1ELNg9M参考ブログ/2022-07-03


 驚きのニュースです。

広島県で交雑種(ハイブリッド)のオオサンショウウオが見つかりました。
a1ハイブリッドimg607.jpg
写真1

a2ハイブリッドimg606.jpg
写真2

中国由来と交配したオオサンショウウオ 広島県内で初確認 (msn.com)
今後、私たちは緊張感を持って粛々と対応するしかないです。
(2022.7.1付PCネット記事をプリント、スキャンし貼り付けました。土岡)


「3年ぶりかも!?全員集合!」

広島大学総合博物館さんのメーリングリスト会員に加わっていますので、行事の案内が届きました。 

r2022両生研企画展チラシ.jpg
(添付チラシ)

広島大学総合博物館より、当館関連施設でのイベントのご案内です。
広島大学両生類研究センターでは,以下の日程で企画展を開催します.

日時:7/30(土)13:00~15:00
場所:広島大学両生類研究センター
申込:不要(イベント時間帯は来館予約も不要です)
内容:3年ぶりに開催!今回はネッタイツメガエルのオタマジャクシと成体、メキシコサンショウウオのふれあい企画を行います。
   他にも、たくさんのカエルやイモリたちの展示を予定しております。
   来たことがある方も、初めての方もぜひお越しください!

その他詳細は添付のチラシと、以下のHPをご覧ください。
https://amphibian.hiroshima-u.ac.jp/2022/06/25/%ef%bc%97%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%93%e6%97%a5%ef%bc%88%e5%9c%9f%ef%bc%89%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e4%bc%81%e7%94%bb%e5%b1%95%e3%82%92%ef%bc%93%e5%b9%b4%e3%81%b6%e3%82%8a%e3%81%ab%e9%96%8b/
久々の開催となりますので、皆さまぜひ両生類研究センターに足を運んでみてはいかがでしょうか?皆さまのご来場を、お待ちしております~。

以上です。(土岡)
参考:当会calendar ブログ/2021.10 




過去の新着情報

 

2022年1月~6月

2021年7月~12月

2021年1月~6月

2020年7月~12月

2020年1月~6月

2019年7月~12月

2019年1月~6月

2018年7月~12月

2018年1月~6月

2017年7月~12月

2017年1月~6月

2016年7月~12月

2016年1月~6月

2015年7月~12月

2015年1月~6月

2014年7月~12月

2014年1月~6月

2013年7月~12月

2013年1月~6月

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional