自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-04-06

Top / ブログ / 2013-04-06

「O先生と行く山陰海岸の旅」おまけ

画像の説明

ヌシです
広島で「巨樹の会」を主宰されておられるKさんは当会の会員さんでもあります。じつは、Kさんのお世話で、巨樹のグループ有志と当会有志が2008年から今日まで11回ほど、おもに島根県を巡検してきました。第1回から4回までの報告はこのHPの「山陰海岸の旅」にあります。余談ですが、第5回から10回までの報告原稿は新会報に掲載する予定で、現在編集中です。

そのKさんは、皆実町商店街の中ほどで、ご夫婦で寿司屋を営んでおられます。知る人ぞ知る名店です。文句なしにうまいです。先日、野暮用があり、久しぶりに「おまかせにぎり」を堪能しました。

写真はこのお店の行燈です。東北大震災によって甚大な被害を受けた海岸防災林の復旧・再生事業「海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画」(公益財団法人オイスカ)を支援するため、Kさんが手書きで作成されました。いつもながら、あたたかな味のある絵がKさんの人柄を現わしているようでした。



コメント

  • 今回で2回目の参加じゃった。岩石とか地質に全く縁(興味)のない異次元の世界じゃったがO先生、Kさんをはじめ、みんな気さくで優しい人柄に魅せられてのー、なんとも楽しい旅じゃったでー。「岩石の会」よりも「マシュマロの会」が似つかわしいかのー・・・(^O^) -- かやネズミです 2013-04-06 (土) 08:21:19
  • 『マシュマロの 時もあるなり 岩石の 地下では溶けてる 温度×圧力』
    『ほとばしる マグマの噴出 自然研 コーラの瓶から 果てしなき夢』

    「岩石の会」の火砕流の露頭のところで,島根大学名誉教授のY先生が,火山のガス爆発を,コーラのペットボトルを振って蓋を開けて,中の炭酸ガスを噴出させることで再現されました。確かに素人の私達には,なるほど~。その後,Y先生は,おいしそうに一口飲まれ,熱心な説明は,どんどんと続くのでした。以上,解説です。歌の誇大表現はお許し下さい。 -- 追加専門ミーアキャットです 2013-04-06 (土) 13:30:44

認証コード(5577)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional