自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-04-13

Top / ブログ / 2013-04-13

出雲須佐温泉

IMG_08552013.4 (10).jpg

ボチボチ君です。
 今日は、田圃の荒起しの予定でしたが、春の嵐で急遽骨休めにしました。メディアからは盛んに外出を控える様爆弾低気圧に関するニュースを流していましたが、久々のお休みのため心身のリフレッシュと桜吹雪を期待して出雲須佐温泉に出かけました。

 早速、寄り道くんです。R261沿いにある邑南町の雲井の里(上の写真)に足を止めて何時もの原木シイタケと酒粕をゲット!。やはりこだわりは原木ですね。香りといいジューシーさと言い懐に優しい正直なお手頃価格です。残念ながら最安価なみずみずしい酒粕は早々売り切れごめんでした。仕方なく普通な物をゲット!。ここの酒粕を食べると運転はご法度です。

IMG_08552013.4 (15)雲井の里.jpg
IMG_08552013.4 (10)雲井の里.jpg
IMG_08552013.4 (11)雲井の里.jpg

 二時間半ほどで佐田温泉ゆかり館に到着。この地は古事記に出てくる須佐之男命が祭られている神社近くにあります。50代過ぎから慢性の肩こりで、時間が取れれば時々この温泉に通っています。
IMG_08552013.4 (11).jpg
IMG_08552013.4 (28)ゆかり館.jpg
IMG_08552013.4 (29)ゆかり館.jpg

 なぜならば、日帰り可能で肩こり筋肉痛などが緩和され楽になる温泉の一つです。(あくまでも個人の主観ですので当たり外れがございます。そこのところはお察しください。)ここの温泉は、なんといっても温泉成分の基準を満たす物質が5つも含まれており、大変珍しいと案内に書かれています。何時もの様に少し汗が出るほど長湯をします。硫酸塩泉で血管の拡張作用があり『脳卒中に効く湯』と知られております。そのためか、家についても体がポッカポカです。しかし、悲しいながら長距離運転のためハンドル握りで少し肩こりが出ます。

IMG_08552013.4 (21)ゆかり館.jpg 浴室.jpg
IMG_08552013.4 (24)ゆかり館.jpg
ここで少し温泉について紹介します。
泉質;ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
泉温;41℃
沸出量;毎分200リットル
温泉成分の基準を満たす物質;溶存固形物質総量・リチュウムイオン・フッ素イオン・メタ亜ヒ酸イオン・メタホウ酸・
効能;かすかに白濁した硫酸塩泉で、神経痛・筋肉痛・関節通・五十肩・運動麻痺・
関節のこわばり・冷え性・疲労回復・動脈硬化・切り傷・火傷・慢性皮膚症等
入浴料;¥500
ゆかり館のHP;  http://www.yukarikan.com/

 お気に召せば是非立寄って一風呂浴びてリフレッシュしてください。
 帰りに三瓶の東の原に着くと三瓶山スキー場ゲレンデが白く雪化粧していました。(下の写真)気温3℃と寒く暖房を入れっぱなしです。冬の再来ですね。

IMG_08552013.4 (23)三瓶雪化粧.jpg
 

 桜吹雪はあいにく撮れませんでしたが行き帰りの道中で、霰、霙、暴風雨、強風を体験できました。くわばらくわばら!。

謝辞;今回の投稿に当たり浴室内での撮影ができないため一部ゆかり館のHP写真を掲載させて頂きました。誠にありがとうございました。



コメント

  • この時期に三瓶山が雪とは・・・。
    『温泉に 行きたくもあり 金はなし』・・・風呂に温泉の元(入浴剤)を入れて入ることにします。 -- 腰痛持ちのミーアキャットです。 2013-04-13 (土) 14:20:06

認証コード(8396)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional