自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2013-09-13

Top / ブログ / 2013-09-13

比和町のぼにばな その2『オミナエシ・ワレモコウ』

オミナエシ.jpg
オミナエシ 撮影;2013.8.18

ぼちぼち君です。
 備後地方のお盆に供える花(ぼにばな)には、オミナエシやワレモコウなどがあります。この花を見ると、いつも夏の終わりを感じます。と言うのも、幼い時に母方の里のお墓参りには、道端に咲いているオミナエシとワレモコウを摘んで、お墓にお供えしていました。

ワレモコウ.jpg
ワレモコウ 撮影;2013.8.18

 ワレモコウは、生け花や茶の湯でも人気が高いと聞いています。また、語源が色々あるそうですね。「われもこうありたい」とのはかない思いを込めて名付けられたともあります。

 紫式部の和歌にオミナエシを詠んだものが有りました。
『おみなえし さかりの色をみるからに 露のわきける身こそしられる』

オミナエシ2.jpg
オミナエシ;オミナエシ科 オミナエシ属

ワレモコウ2.jpg
ワレモコウ;バラ科    ワレモコウ属



コメント


認証コード(3882)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional