自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-09-03

Top / ブログ / 2014-09-03

後立山縦走登山「PARTー3」

24.立山連峰.jpg
写真24.立山連峰

「てかり」です。
 後立山連峰縦走登山「PART-3」
 さて、五竜岳から下る前に立山連峰を眺める、雪を残した御前谷カール、内蔵助カールがはっきり見える。写真24.

 下山は岩尾根を下る、地図上で、G4とか表記してあるところは、グラート4と読み、岩尾根の位地ポイントの表記で、グラートとは岩尾根のこと。写真25.

25.G4,G5を抜ける.jpg
写真25.G4,G5を抜ける

 クサリ場に差し掛かる、クサリには、1人しか付けないので、登り下りが出逢うと時間が掛かる。写真26.

26.クサリ場.jpg
写真26.クサリ場

 クサリに、カナビラを掛け<両手両足で岩上をいざり降りる感じ。写真27.

27.四点確保.jpg
写真27.四点確保

 溺れる者は藁でも掴む、の感じで手の届くところの物は掴んだり、足を置いたりで体を支える。写真28.

28.四点確保.jpg
写真28.四点確保

 またまた、クサリ場に遭遇、大分要領は良くなったが、カナビラのサイズが小さいと、クサリに掛けるのに難儀している。写真29.

29.また、また、クサリ場.jpg
写真29.また、また、クサリ場

 列の後の人は余裕、綽々、カメラを向けるとポーズを取る、ゆとり。写真30.

30.今度は一寸余裕.jpg
写真30.今度は一寸余裕

 前の人が進までの間に、ペットボトルの水を飲む余裕。写真31.

31.喉を潤す.jpg
写真31.喉を潤す

 クサリで、足場の垂木を吊り込んだりして、総てを支えている。写真32.

32.クサリ.jpg
写真32.クサリ

 足元の垂木、鉄筋を崖に打ち込み、それに番線で固定しているだけで、グラグラする。横のクサリに、カナビラを掛けて体を預けていないと通れない。危ない平均台を渡る様な物で、落ちれば数百メートルは空を舞うだろう。懺悔の時間はあるかも・・・・・・・・・・写真33.

33.足元.jpg
写真33.足元

 登りになり、クサリの固定支持間隔が狭くなって、クサリが1スパン一人であるが、皆が接近してきた。写真34.

34.必至.jpg
写真34.必至

 後立山連峰縦走登山「PART-4」、まだ、まだ下山続きます。



コメント


認証コード(4371)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional