自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-10-09

Top / ブログ / 2014-10-09

幌尻岳登山「PARTー9」

88-幌尻ダム湖の堰堤を渡.jpg
写真88 幌尻ダム湖の堰堤を渡る

「てかり」です。
 幌尻岳登山「PART-9」
 蛇と遊んだ後、第一ゲートまで2キロの道のりを歩く。皆、急に元気になり歩く足が速いこと、ゲートの前には迎えのバスが来ていた。他社のバスも来ていて運転手が出ていて、「ご苦労山」と、私たちを迎えてくれた。「暑い、ビールをグッとやりたい。」、と言っていたら、「あるよ。」の言葉。カンビール500、@¥500で交渉成立、男5~6人が購入した。
 再び来た時の反対で、ダム湖の畔を帰る。写真.88

 ダム湖の向こうの岸の上に、帰って来た道が湖面と平行に付いているのが見える。写真.89

89-対岸の道.jpg
写真89 対岸の道

 皆、健脚で予定より早く帰れたので、宿のチェックインの時間調整で、優駿メモリアルパークに寄る。芦毛の牡馬・オグリキャップの、記念館、昭和の最後に出た芦毛の怪物と呼ばれた。
 オグリキャップ、地方競馬の笠松競馬からデビューし、スターダムへと駆け上がり、ラストランとなった有馬記念で生涯最高の走りを見せた。現役引退後は、優駿スタリオンステーションで種牡馬として、余生を過ごし2010年7月3日、25年の生涯を終えた。写真.90~92

90-オグリキャップ記念館.jpg
写真90 オグリキャップ記念館

91-オグリキャップ.jpg
写真91 オグリキャップ

92-明日のダービー馬.jpg
写真92 明日のダービー馬

 宿舎に帰り、宿の庭に置いてある石、石の種類は判らないが、おそらく新冠川にあった石だろう。写真.93~94

93-庭の岩石1.jpg
写真93 庭の岩石1

94-庭の岩石2.jpg
写真94  庭の岩石2

 ハマナスの実が熟れていた。いつ見ても素朴で美しい、緑の葉っぱの中で輝いている。以前、オホーックの海岸で、この実を見た時、「プチトマトの様だ」と言ったら、バスガイドさんが感心して、じっと見ていたのを思い出した。熟れたら食べられる。ジャムにしたりするらしいが、早く取らないと昆虫が中に入り食べてしまう。写真.95

95-ハマナスの実.jpg
写真95 ハマナスの実

 またまた、不可思議な物を見つける。電力電柱の碍子の上にホークの様な物が付いていた。鳥除けか、はたまた避雷針か、しかし、この電柱のみで他の電柱には付いていない。何なんだろう。???写真.96

96-疑問.jpg
写真96 疑問

 17時31分、青森県の方に陽が落ちる。夕日はいつ見ても、心寂しくなるものだ。写真.97

97-宿からの夕暮れ.jpg
写真97  宿からの夕暮れ

 18時から夕食、北海道最後の晩餐と、称して飲むは、飲むは・・・・・・・・・・・・・・写真.98

98-北海道最後の晩餐.jpg
写真98  北海道最後の晩餐

 ホテルの給仕の人から、「今日は中秋の名月ですよ。」と言われ、皆、窓辺に行って見たら、煌々と明るい月が揚がっていた。部屋に帰ってカメラを持って庭に出た。写真.99

99-中秋の名月.jpg
写真99  中秋の名月

 次は、「PART-10」、採集編です。明日は新冠から、千歳に向かい新千歳空港から広島に帰ります。

つづく



コメント


認証コード(1911)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional