自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2014-12-12

Top / ブログ / 2014-12-12

玉山登山「PART-9」

81.市街路案内盤.jpg
写真.81 市街路案内盤

「てかり」です。
 玉山登山「PART-9」
 終わりも近くなってきました。道路の表示板が沢山着いていますが、アバウト理解できるのは、英語の方です。日本では、英語の方を見た事は有りませんが、こちらでは英語の記述がなければ、書いて有る事が理解出来ず全く文盲です。台湾は、13部族が共存しているらしいが、部族がそれぞれの言語を持っているとの事で、老人同士がが日本語で話していたので尋ねると、お互いに判るのは日本語だと言った、との事。写真.81 市街路案内盤、

82.市街路案内盤2.jpg
写真.82 市街路案内盤2

 台北101、台北高層展望台に、行く。正式には、台北国際金融ビル、と言うのだそうだが、通称は、台北101。高さは、508mで、101階建てのビル、2008年までは世界一の高さであった。

83.台北・101ビル.jpg
写真.83 台北101ビル

 展望階入場券売り場には、日本語の売り場があった、東京のムサシ(634m)が出来るまで、多くの日本人が登ったのだろう。

84.101ビル展望階入場券売り場.jpg
写真.84 101ビル展望階入場券売り場

 エレベーターで上昇、展望階の少し下の階で降りると、大きな玉が太いワイヤーで吊り下がっていた、それをオイルダンパーが周囲から突っ張っている。これは地震の多い台湾で、地震の時、ビルの高層振幅の揺れを、この玉が揺れの反対に動いて、揺れを打ち消して呉れるのだとの事で、この玉は、鉄の玉で660トンあるとのことであった。まあ、ビルの○○玉だ、男も少々の揺れには、耐えられる○○玉か付いているだろう。みな、がんばろう ・・・・・ !!

85.101ビル耐震ウェィト.jpg
写真.85 101ビル耐震ウェィト

 さて、展望階に上がり、東西南北を見る。

86.101展望階から西.jpg
写真.86 101展望階から西

87.101展望階から北西方向.jpg
写真.87 101展望階から北西方向

88.101展望階から北方面.jpg
写真.88 101展望階から畑方面

89.101展望階から東方面.jpg
写真.89 101展望階から東方面

90.101展望階から南方面.jpg
写真.90 101展望階から南方面

 都会の山に登った感じで麓を見つめた。

  次は、いよいよ、「PART-最終回」

つづく



コメント


認証コード(2211)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional