自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2016-02-23

Top / ブログ / 2016-02-23

寒雀(かんすずめ)

画像の説明
写真1 東広島市八本松南 2016年2月21日

かやネズミです。
 『雀は人家に近く棲み、最も我々に親しみの多いものであるが、冬になると食物が乏しくなり、ますます人家の軒近くにやってくる。・・(略)・・寒中の雀は美味なのでよく捕えられる。』新歳時記 虚子編より

 写真1は我が庭の寒雀ですが、決して捕まえてはおりません。誤解なきように。(笑) それよりも雀の数が近年めっきり減っていると近くの農家の方が言っておられました。



コメント

  • 雀、わざわざ捕食しなくても、身の回りには食べ物がたくさんありますねwww
    自宅の周りは水田で、遊びごとのような稲作をしてきました。近年、生き物の密度が急に低下しているように私も感じています。不気味です。他の農家さんの意見はどうなんでしょうか?
    -- ヌシです 2016-02-23 (火) 10:57:43

認証コード(9486)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional