自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2017-06-01

Top / ブログ / 2017-06-01

2017年度第1回オオサンショウウオ調査をしました

画像の説明
写真1 東広島市豊栄町 2017年5月26日

ヌシです。
5月26日午後6時から、広島大学のS先生を中心とした若いメンバー15名を主力に、総勢28名(+テレビ関係者8名)が3班に分かれて、椋梨川上流部のオオサンショウウオ調査をしました。夜間調査は久しぶりのことです。写真1,2

画像の説明
写真2

画像の説明
写真3

今回は幼生の動向と堰直下の成体の状況を把握するために行いました。2社のテレビ局の同行取材もあり、現場は里山の真っ暗な川でしたが、ヘッドランプや照明器具もさることながら、深夜まで皆さんの熱気に包まれていました。写真3

画像の説明
写真4

画像の説明
写真5

S先生がリーダーの班は最下流の区域で、テレビの皆さんはここに入ってもらいました。
椋梨川のヌシ“タカマツサン”を含め、成体4匹確認。
K先生がリーダーの班は第4区間を。新人さん達が多いので、先生が捕獲の仕方などをレクチャーされながら活動開始。「夜の川を歩いてオオサンショウウオを捕獲する」などという作業は生まれて初めてでしょう。ここでも成体4匹確認。新人さん達はきっと感動されたことでしょう。ヌシも6年前(2011年)はそうでした。
Kさんをリーダーとする班は第5区間を歩いていただきました。ここでも成体1匹と生後数年の幼生1匹が確認できました。写真4,5

画像の説明
写真6

3班とも成体を見ることができ、捕獲、計測、放流しました。
成体は全部で9匹、幼生は1匹。この幼生の発見は今までの調査の中でも、特に大きな意義を持つものと思いました。得られた情報や数字などをこれから整理・分析します。写真6

肌寒い中でしたが、おかげで本日も無事終了できました。初参加の新人さん達やテレビの皆さんはきっと満足されたことでしょう。長時間精力的に取材されましたので、放送が本当に楽しみです。
皆さん、ありがとうございました。

*テレビ放送予定
・広島ホームテレビJステーション「地球派宣言」さんは7月3日(月)。
・RCC中国放送「イマなまっ!」さんは6月1日。



コメント


認証コード(3204)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional