自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2017-12-11

Top / ブログ / 2017-12-11

かや刈りin西志和

画像の説明
写真1 東広島市志和町西志和 2017年12月10日

かやネズミです。
恒例の茅刈りイベントに参加してきました。近畿大学生40数名、広島大学生10数名の他、一般数名の多数の参加者でした。ほとんどの参加者が初体験のススキ刈りを楽しみました。写真1~5

画像の説明
写真2 茅葺き職人さんによる茅刈り手順の説明

画像の説明
写真3 茅場での刈り取り

画像の説明
写真4 刈り取った茅=ススキを束ねる

画像の説明
写真5 茅ボウトウの組立

午後から雨が降ってきたので刈り取ったススキ全部を急いで茅ボウトウに組み立てた。こうして来春まで乾燥させて屋根に使用します。

今回は初めての茅場でした。20年前に耕作放棄地となったこの一帯は茅場として申し分ないススキが密生しています。今期以降ここでの茅刈りを継続していくとのお話です。

余談
宮崎公立大学のN教授がはるばる宮崎市から一般参加。N教授によると茅=ススキの食物肥料としての評価が大きく見直されている。全国の茅場の実態調査の為、今回参加したとのことでした。



コメント

  • お疲れ様です。年々大人数で、気持ちの良い汗をかかれたようですね。
    良かったですね~。宮崎県からも、とは恐れ入りました。
    平成17年1月発行の会報35号、P20^26にも「茅刈り体験実施報告」が載っていますので、よろしければご確認ください。 -- 小ヌシです 2017-12-11 (月) 12:35:17

認証コード(9764)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional