自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2019-12-02

Top / ブログ / 2019-12-02

中国新聞「天風録」に

画像の説明
2019.11.23付 中国新聞記事

小ヌシです。
新聞に興味ある一文が掲載されていましたので、ご紹介します。

私たちのオオサンショウウオの調査時には、共生している他の生き物、ヤゴやカワムツなども捕獲し記録します。写真2

画像の説明
写真2 撮影19.07.03

数十年前のデータがないので、単純に比較できなく残念ですが、地元の方は「生き物はあれもこれも、うじゃうじゃおったで~」と言われます。小ヌシも「何か少ないな~」といつも感じています。その減少した原因が農薬にもあるという一文でした。
半年前にブログアップさせていただいた本「オオサンショウウオの絶滅」にも、現在の生き物の少なさの原因に「ある系統の農薬の使用」を上げられています。その著者の饗庭義久さんは芸北町出身で、幼いころから生き物大好き、関わりも深かったため、現在の生き物の少なさに警鐘を鳴らされておられます。小ヌシも、昔(約60年前)に比べ、身近に、いろんな生き物の気配が急に無くなった不気味さを肌で感じています。
「天風録」の論文は「産総研」のHPの“ウナギやワカサギの減少の一因として殺虫剤が浮上”(掲載2019.11.1)だと思います。アップされています。↓
https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2019/pr20191101/pr20191101.html

参考→オオサンショウウオの絶滅;ブログ/2019-05-27



コメント


認証コード(5772)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional