自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2020-08-21

Top / ブログ / 2020-08-21

書籍紹介「永遠に残したい曽根干潟」

1img074.jpg
写真1

小ヌシです。
この本の情報が広島大学総合博物館のホームページにアップされていました。
小ヌシは「生きた化石」と言われている「カブトガニ」にも魅せられていますので、さっそくネットで購入しました。この辺りの海でいつかはカブトガニを見つけたいと思っています。写真1

広島大学の大塚先生ほか8名の編集、さらに19人にもおよぶ専門家による執筆ですが、内容は平易で、多くの生き物が美麗な写真や解説で紹介されていて、「干潟丸わかり」の一冊だと思います。座右の書としてお薦めします。
また、4章のコラム(11)には、広大総合博物館の清水先生によって「淡水にもいる生きた化石」(P81)と題して、「オオサンショウウオ」が紹介されています。嬉しいですね。写真2,3

2img076.jpg
写真2 目次

3img077.jpg
写真3 裏表紙

参考:ブログ/2019-09-06



コメント


認証コード(4249)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional