自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2022-08-28

Top / ブログ / 2022-08-28

「オオサンショウウオの宿」で保護個体の放流

1a放流前の説明.jpeg
写真1 放流前の説明 2022.8.25 W会員撮影

小ヌシです。
夜間調査の前、市の保護施設「オオサンショウウオの宿」で長く養育していた2匹のメスのオオサンショウウオを、市教育委員会の了解の上、広博のS先生の指導で賀茂北高校科学部の有志4名と一緒に、元の三篠川(豊栄町)に放流することができました。
おかげで、広博のS先生、Iさん、地域センターの皆さんや地元の方々、賀茂北高校の皆さんのご努力がまた実を結びました。ありがとうございました。写真1,2,2-1,3

2-1aJPEGイメージ 3.jpeg
写真2 放流される個体♀ 2022.8.25 W会員撮影

2a!cid_182dfc0dce546a19f271.jpg
写真2-1 放流される個体♀ 2022.8.25 W会員撮影

3aJPEGイメージ 2.jpeg
写真3 高校生による放流 2022.8.25 W会員撮影

W会員さんからいただいた写真を見せてもらうと、保護の成果で、さっそく元気に泳ぎ回っている様子を感じ取れます。オオサンショウウオが川の中で移動する姿は感動ものです。
無事成長を続けて、仲間を増やしてほしいものです。写真4

4a放流後遡上する個体.JPG
写真4 遡上する個体 2022.8.25 W会員撮影

なお9月8日(木)、「宿」で保護されている幼体(赤ちゃん)の一部放流が、やはり賀茂北高校の皆さんで実施される予定です。見学に行こうと考えています。

参考:ブログ/2014-12-26
  :ブログ/2019-03-16
  :ブログ/2019-06-28ほか多数
  ・オオサンショウウオの関連記事(新→古)



コメント


認証コード(2158)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional