自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2022-03-08

Top / ブログ / 2022-03-08

「原色化石図鑑」から

1pS41img398.jpg
写真1 表紙

小ヌシです。
学生のころ、高くて買えなかった本でした。43歳のマイバースディープレゼントに購入しました(苦笑)。保育社の「原色化石図鑑」(S41/1966年 浜田、益富共著、A5サイズP268)です。発行が50年以上も前でちょっと古く、1970~1980年代の新しいプレートテクトニクス的な視点で書かれていないのですが、化石の概説的な図鑑は意外にありませんし、美麗な写真も楽しめます。写真1

古い化石にとにかく夢中になり、この本の解説文などから、シルル紀やデボン紀の石灰岩化石産地の「高知県の横倉山」や「宮崎県の祇園山」などの存在を知り、遠路をいとわず探し訪ねていきました。
1998年8月、宮崎県の「祇園山」に辿り着いて山を見た時は、身震いするほどの感激を味わいました。
それからの化石行脚は仕事を終え四国、九州に、週末に出発し車中泊で月曜日の朝には帰って仕事と。車も肉体もハードな行程でしたが、若かったんですね。今はもう無理です。写真2,3,4

2p22.23img399.jpg
写真2 PL12

3p24img400.jpg
写真3 P23

4p26.27img401.jpg
写真4 P24

この本にはオオサンショウウオの化石も紹介されています。ドイツのボン近郊で発見された中新世のアンドリアス・チュディイ(Andrias tschudii)だそうです。
以前、造形作家の三澤さんから購入した模型-アンドリアス・ショイツアー(Andrias scheuchzer )―?と、よく似ているように見えます。
写真5,6,7

5p165img403.jpg
写真5 P165

6p166img404-1.jpg
写真6 P166

7p167img404.jpg
写真7 PL83

参考:ブログ/2014-01-21(高知県横倉山)
  :ブログ/2014-03-10(横倉山)
  :ブログ/2014-03-14(宮崎県祇園山)
  :ブログ/2014-03-26(祇園山)
  :ブログ/2022-02-18(国際層序年代表)
  :ブログ/2019-08-07(へそまつりの展示模型)



コメント


認証コード(7698)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional