自然に親しみ、観て触れて学びながら、自然を守ろう

ブログ/2021-10-06

Top / ブログ / 2021-10-06

♪♪ いま頃 どうしているのかしら~

auto_qQwwQm.09.23_卵の様子.jpg
写真1 オオサンショウウオの卵 (2013.9.23,生まれて6日目 瑞穂ハンザケ自然館)

小ヌシです。
1965年、西田佐知子さんの唄、懐メロ「赤坂の夜は更けて」の歌詞の冒頭から。
10月1日の調査で見つかった椋梨川上流部の4か所?の産卵巣穴(内1か所では卵を確認)。現在、中のヌシや卵はいかがでしょうか?という流れです。古くてすみません。
当地での産卵は毎年9月初旬と思われますから、約ひと月ほど経過。巣穴の中では卵の発生が順調に進んでいるでしょうね。参考として、「瑞穂ハンザケ自然館」さんの水槽での保護中の卵をアップしました。神秘的ですね。小ヌシのお気に入りの1枚です。
しかし、巣穴の中は真っ暗ですから、実際はこんな塩梅ではないでしょう。写真1
ふ化後の幼生離散調査が楽しみです。

参考:ブログ/2013-03-10
  :ブログ/2013-09-21
  :ブログ/2013-10-02
  :ブログ/2013-10-07



コメント


認証コード(6477)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional